寺田倉庫 Warehouse TERRADA/PHILOSOPHY

寺田倉庫 Warehouse TERRADA/PHILOSOPHY

天王州を拠点に芸術文化を拡げる活動をする寺田倉庫の新スローガンとフィロソフィーを開発。

寺田倉庫 Warehouse TERRADA/PHILOSOPHY


美しさとは何か。目覚めに窓を開けると、山間から聞こえてくる鳥たちの歌。生まれては消えゆく、さざ波のゆらぎ。偏西風に寄せられ、うねり上げる雲。誰もがいくつかの答えを挙げられるだろう。だがこの問いに絶対的な解を持つ者はいない。なぜなら美しさの価値観は、すべての人に共通するものではなく、一人の感じる心の中にあるものだからだ。芸術文化の価値もまた絶対的ではない。ゆえに嗜好や理解を超える表現をどう見るか、どう感じるかを考えさせてくれるのである。

社会はいまだ、ダイバーシティ実現の手前で足踏みしている。私たちは文化創造企業として、この刻を進めたい。文化を豊かに花開かせること。それは、他の価値観を認めること。異なる考えに排他されることなく、それぞれの道を自由に歩んでいけること。これまでTERRADAが歩んできた道。保管する「モノの価値」の創造から、モノが生みだす「余白の価値」の創造へ。次の行き先は、人とつながり「共有知の価値」を創ること。築き上げてきたストレージ、IT、天王洲という場。これを意志あるパートナーと共有して未来をつくりたい。ともに学び、創り、成長する。文創を加速していく。

さあ、常識に縛られずに進もう。自分が自分でありつづけられる世の中を創ろう。TERRADAとともに。

CREDIT

C : 栗原勲

CONTACT